ロコベース・リペアミルク(乳液)発売・美容・美肌・お肌の悩み解決情報を集めています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロコベース・リペアミルク(乳液)発売

ロコベース・リペアミルク(皮膚保護乳液)が発売されたとのことです。リペアミルクの位置づけとしては、定評のあるロコベースシリーズの改良版ですね。特に塗りやすさ(広い範囲や柔らかい箇所への塗りやすさ)について改良されているとのことです。

 第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区、社長:井手口盛哉)は、「セラミド」をはじめ肌に重要な成分をバランスよく配合した皮膚保護乳液「ロコベース(R)リペアミルク」(化粧品)を、本年9月4日(火)に新発売します。本剤は、従来の「ロコベース(R)リペアクリーム」のシリーズ品として発売するものです。

 「ロコベース(R)」は、皮膚のバリアに欠かせない肌脂質である「セラミド」「コレステロール」「遊離脂肪酸(オレイン酸及びパルミチン酸)」をバランスよく配合した皮膚保護化粧品で、2002年に「ロコベース(R)リペアクリーム」を発売して以来、その保湿効果について高い評価をいただいています。
 その一方で、お客様からは「広い範囲や柔らかい部分に塗りやすい製品を」という声が多く寄せられていました。
 このたび発売する「ロコベース(R)リペアミルク」は、クリームの特長はそのままに、これまで塗りにくかった腕や脚、背中などの広い範囲や、赤ちゃんの肌のような柔らかい部分の乾燥に適した皮膚保護乳液です。



 今回の発売により、「ロコベース(R)リペアクリーム」は特に気になるピンポイントの乾燥部分に、また「ロコベース(R)リペアミルク」はクリームでは塗りにくい広範囲の乾燥部分にと、用途に応じて使い分けていただくことが可能となります。

〔特長〕
○お肌に大切な肌脂質であるセラミド3、コレステロール、オレイン酸、パルミチン酸が角質層に浸透して潤いを保ち、乾燥や外部刺激からお肌を守ります。
○特殊な製剤技術で「W/O型乳液なのにさらっと感」を実現しました。しっとりしてもべとつきません。
○香料・着色料・防腐剤無添加でお肌に負担の少ない乳液です。
○アレルギーテスト済(全ての方にアレルギーが起きないというわけではありません)。


ロコベースシリーズの特長は、しっかり継承されているようです。
”W/O型乳液なのにさらっと感”気になりますね。^^

(引用:日経NET)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。