加圧トレーニングが凄いらしいです・美容・美肌・お肌の悩み解決情報を集めています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加圧トレーニングが凄いらしいです

加圧トレーニング、ヒロミがTVで宣伝しているのを見ましたが、これは本当にアンチエイジング効果や、ダイエット効果が高いとのことです。宇宙飛行士が訓練に加圧トレーニングを利用していることは、有名ですね。

加圧トレーニングの環境を用意するのが大変なのが玉に瑕と思っていましたが、個人でもトレーニングが可能な器具が発売されるとのことです。楽しみですね。^^

 宇宙飛行士訓練技術で健康増進、介護予防も!
 身体の上肢や下肢の付け根を加圧することによって、血管の血流を適正に制限し、短期間に筋力の回復や筋肉増強が図れ、独立行政法人、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が実際に宇宙飛行士の訓練に活用しているトレーニングが一般の個人でも可能になる健康機器が、7月初旬にも市販される。

 この筋力トレーニング法は「加圧トレーニング」と呼ばれ、この開発者が設立したサトウスポーツプラザ(東京都府中市)と国際宇宙ステーション計画の実験棟「きぼう」などで、宇宙システムの安全・開発や運用業務などに当たる有人宇宙システム(JAMSS、東京都千代田区)が共同で開発、3機種を発売する。

 加圧トレーニングは、筋力や筋肉に対して、少ない負荷の運動で高い負荷をかけた場合の運動と同じ効果が得られる。このため、関節への負担も軽減でき、高齢者の筋力トレーニングや、骨折や靭帯(じんたい)損傷などの治療後のリハビリテーションに活用できる。このほか、血管の成長を促進し、新陳代謝を促すことから、ダイエットや美容、アンチエイジング(抗加齢)、さらにメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の防止への効果も期待される。

 両社が宇宙飛行士訓練用に共同開発したトレーニングシステムは既にJAXAに納入実績がある。このほか、東京大学医学部付属病院「22世紀センター」は加圧トレーニングが医学的、生理学的な効果が得られるとして、倫理委員会の承認を経て、現在、研究活動を進めている。

 宇宙飛行士の訓練は、無重力空間での骨の脱灰や筋力、循環器機能の低下を防ぐため、通常、1日2・5時間を身体運動に割いている。加圧トレーニングは5分程度の運動で、激しい運動をほぼ30分続けた場合と同じような筋力・筋肉の発達効果があるため、JAXAは効率的な訓練ができると判断し、導入に踏み切った。

 市販する機種は、宇宙飛行士訓練用に開発した安全装置を搭載し、加圧トレーニング資格者が専門に施術するタイプの「加圧マスターA(エース)」と、自動制御の加圧トレーニング機とチェアを組み合わせ、個人が手軽に利用できる「クイック加圧チェア」、ポータブルタイプで個人が家庭でも使える「クイック加圧mini」(10月以降発売予定)の3機種がある。

 価格は加圧マスターAが約200万円、クイック加圧チェアは約210万円で、クイックminiは未定。介護関連やフィットネス関連の事業者からすでに引き合いがあり、東大病院や都内の医療機関ですでに導入、実際に利用されている。

 JAXAの有人サポート委員会小型運動機器検討委員会が定める宇宙空間での宇宙飛行士訓練のための安全基準をクリアしたことから、市販に踏み切る。


個人でもできるといっても200万円では、ちょっと手がでにくい値段ですよー。(涙)、酸素カプセルと同じぐらい効果ですよね。加圧トレーニングができるスポーツジムに通うのが当面妥当な線ということでしょうか・・・。ひろみさん主催のジム探してみようかな..。


(引用:イザ!)
スポンサーサイト

Copyright © 美容ナビ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。