一般医薬品市場は全体に伸び悩むも、美白美容系は堅調とのこと。・美容・美肌・お肌の悩み解決情報を集めています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一般医薬品市場は全体に伸び悩むも、美白美容系は堅調とのこと。

富士経済さんのレポートによると、メタボ対策、花粉症対策が伸び、一般医薬品は縮小しているが、美白をうたった商品は堅調に伸びているとのこと。しみ(肝斑)改善薬「トランシーノ」の売上が伸びているのも同じ流れでしょうか。

皆で美肌になりたいですね^^。

---------------
一般用医薬品は、02年以降縮小の一途をたどっているが、こうした流れの中で美白訴求のビタミンC主薬製剤や関節痛の軽減・緩和訴求のビタミンB1主薬製剤などの「体感製品(服用効果が体感できる)が登場して実績を加えている。ただ、減少する薬剤の方が多く市場の回復には至らなかったと分析。特に04、05年は医薬品販売の規制緩和で、一部の一般用医薬品が医薬部外品へ移行したことも重なり、縮小幅は拡大したとしている。

---------------
07年については、第一三共ヘルスケアが投入した、しみ(肝斑)改善薬「トランシーノ」が注目を集めているほか、(1)メタボリック(2)痛みの軽減・緩和(3)生活改善薬(漢方処方含む)--をキーワードに製品の開発・投入が行われ、市場拡大に貢献することが期待されるとしている。

(引用:薬事日報ウェブサイト)
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


Trackback

http://biyounabi.blog119.fc2.com/tb.php/64-4f43d70a

Copyright © 美容ナビ All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。